ブログ・YouTubeBlog & Youtube

ブログ・YouTube Blog & Youtube
YouTube

蓄電池

シャープ9.5kWh家庭用蓄電池 JH-WB2021

 

↑↑画像クリックで動画再生

 

 

 

シャープの9.5kWh蓄電池JH-WB2021、パッケージ型番としてはJH-WBPD7060、JH-WBPD8060、JH-WBPD9360を紹介します!

 

シャープの蓄電池はこれまで、4.2kWh、6.5kWh、8.4kWhの蓄電池のみでした。2021年に入ってからは今回のシャープ9.5kWhの蓄電池だけでなく、各社10kWh前後の蓄電池が続々発売されており、2021年の家庭用蓄電池市場は、この10kWh前後の機種が主流となりそうです。

 

 

 

 

太陽光発電をつけたけど固定価格買取制度FITが終了した方は、太陽光発電を有効活用したり、電力会社から高い電気を買わないようにするために、家庭用蓄電池を設置しますが、蓄電池って設置したら、触ることがほとんどないです。翌日の天気に合わせて深夜電力の充電量を設定すれば、蓄電池の効果をさらに上げることができるんですが、正直面倒くさいし、何かトラブルが起きたときなんてどうすればいいのかよくわからないですよね?

 

そのような基本的に蓄電池をつけたらそのままにしたい方には、シャープの蓄電池は、基本性能は十分のこと、それら性能をフルで発揮するための技術やサポートの高さが特長のシャープの蓄電池をオススメします。

 

今回は、シャープ9.5kWhの基本性能と、蓄電池を安心して設置できるそれら技術やサポートについても紹介します。現在、家庭用蓄電池の設置を検討中の方は、ぜひ最後までご覧ください!

 

 

 

 

蓄電池のタイプ

 

シャープ蓄電池はハイブリッドタイプで、今回紹介する9.5kWhの蓄電池は、7060と8060が特定負荷対応、つまり、停電時に特定の部屋のみで100Vの電化製品のみを使えるタイプです。9360が全負荷対応、つまり、停電時におうちまるごとバックアップして、100Vの電化製品だけでなく、大型エアコンやエコキュート、IHクッキングヒーターなどの200Vの電化製品を使えるタイプです。停電時にできるだけいつもと同じように電化製品を使いたい方は、9360を選んでください。

 

 

 

 

9.5kWhの蓄電池では、蓄電池本体の底面にネジ穴がない構造になりました。これにより、地上から高さ500mmまでの水位でも、内部に水が入りにくくなり、故障リスクが低くなりました。

 

 

 

 

 

寿命(サイクル数)

 

寿命に関わるサイクル数は、長寿命で知られる田淵電機のアイビス7と同じリン酸鉄リチウムイオンを使っているので、推定12,000サイクルです。使用期間は20年前後を想定するといいでしょう。同じ容量の蓄電池でもサイクル数の高い蓄電池はそれだけ長く使うことができるのでコストパフォーマンスの高い蓄電池といえます。

 

 

 

自立出力

 

停電時の自立出力は、蓄電池のみの出力が最大で3.0kVAで、昼間太陽光発電と合わせると最大5.5kVAです。5.5kVAもあればいろんな電化製品を同時に使うことができますが、もちろん使った分だけ蓄電池の電力量はなくなりますので、使い過ぎに注意です。

 

停電になると、モニターには蓄電池にある電力をあとどれくらいの時間使うことができるか、目安が表示されるようになりました。それを見ながら使う電化製品を調整できます。たまにブレーカーを落として太陽光と蓄電池の電力でどれくらい過ごすことができるのか、体験してみるのもいいかもしれません。

 

 

 

保証

 

こういった性能だけでなく、保証内容が充実しているのもシャープの特長です。他社の場合はシステム構成機器に保証は付いているものの、モニターは5年だけの保証っていう機種が多いですが、シャープでは、モニターも含めたシステム構成機器に、無償で10年の保証が付きます。有償で15年にすることもできます。

 

 

 

COCORO ENERGY(HEMS)

 

シャープの蓄電池では、設置後の太陽光発電を有効活用したり、電力会社から高い電力をできるだけ買わずに効率よく電力を使うためのサービス「COCORO ENERGY」を、ホーム・エナジー・マネジメント・システムの頭文字をとったHEMS機器を設置することで受けることができます。

 

その1つが天気予報連携とAIを使った予測制御です。AIで毎日の電気の使い方を学習しながら、翌日の太陽光発電の余剰電力量を予測し、暮らしに合わせて蓄電池の充電をコントロールします。

 

 

 

 

また、AIが生活パターンに基づいて停電の間に必要な電力量を予測して、注意報や警報が発令されている間、蓄電池残量をチェックして、必要な電力分だけを自動判断して充電します。必要量だけを充電するので、経済性と安心を両立しながら停電に備えられます

 

 

 

 

そして、太陽光発電や蓄電池に異常があったら自動で通知が届きます。その異常に対する処置方法や連絡先なども表示されるので、どうしたらいいのかわからない!なんてことにもなりません。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

シャープの蓄電池は、基本性能は十分のこと、それら性能をフルで発揮するための技術やサポートの高さが特長です。蓄電池をつけたらできるだけ操作したくない、できるだけそのままにしたい方にはオススメの蓄電池です。ぜひご検討ください!