ブログ・YouTubeBlog & Youtube

ブログ・YouTube Blog & Youtube
YouTube

蓄電池

ファーウェイ蓄電池 長寿命12,000サイクル HUAWEI LUNA2000

 

↑↑画像クリックで動画再生

 

 

 

 

特長

 

ファーウェイの家庭用蓄電池の特長は、5kWhの蓄電ユニットを組み合わせて、5kWh、10kWh、15kWhの、3つの蓄電容量を選んで設置できるところです。家庭用蓄電池は決して安い買い物ではないので、自宅の状況にあった機種はもちろんのこと、設置している太陽光パネルの容量や使用電力量にあった蓄電容量の蓄電池を選びたいですよね!

 

ただ、私のこれまでの経験上、太陽光パネルの容量や使用電力量にあった蓄電容量を設置した場合でも、停電を経験するともう少し大きな容量の蓄電池でも良かったかなという声をいただくことがあります。

 

 

このファーウェイの蓄電池の場合、例えば自宅に太陽光パネルの容量に合わせて、蓄電ユニット1つの5kWhだけ設置したけど、停電したときに不自由なくもっとおうちで電気を使いたいとか、家族が増えて使用電力量が増えたとなったら、あとからもう1つ蓄電ユニットを追加して10kWhの家庭用蓄電システムにすることができます。また、変圧器をつけることで、停電時には100V電化製品だけでなく、大型エアコンやエコキュート、IHクッキングヒーターなどの200V電化製品も使えるようになります。

 

このようにご自宅の設備状況や、ご家庭のライフスタイルの変化にあわせてシステムを変えられるのがこの蓄電池の特長です。

 

 

 

 

設置すべき容量

 

蓄電容量は、5kWh、10kWh、15kWhから選べます。太陽光パネルの容量に応じて、目安となる蓄電容量は以下になります。

 

  • 太陽光パネル3kW以下 ⇒ 蓄電容量5kWh

  • 太陽光パネル3kW~5kW ⇒ 蓄電容量10kWh

  • 太陽光パネル5kW以上 ⇒ 蓄電容量15kWh

 

 

 

 

タイプ

 

蓄電池のタイプは

 

  • 特定負荷対応ハイブリッド型

  • 全負荷対応ハイブリッド型

 

ハイブリッド型とは、太陽光発電用のパワコンと蓄電池用のパワコンが一体になっているタイプで、太陽光発電をつけたばかりだと、今ついている太陽光発電用のパワコンを取り外す必要があるのでちょっともったいないですが、パワコンの交換時期となる10年以降の方にはオススメです。

 

また、停電時に100Vの電化製品だけつかうことができるのが特定負荷型で、大型エアコンやエコキュート、IHクッキングヒーターなどの200V製品もつかうことができるのが全負荷型です。変圧器を取り付けることによって全負荷にも対応することができます。

 

 

 

 

サイクル数

 

寿命にかかわるサイクル数は、推定12,000サイクルです。仕様として公表はされていないんですが、サイクル数が12,000の田淵電機アイビス7や11,000のオムロンKPBP-Aシリーズと同じ、リン酸鉄リチウムイオンを材料としていますので、それら蓄電池と同じ10,000サイクルを超える長寿命となっています。

 

 

 

 

停電時の最大出力

 

停電時の最大出力は、同時にどれくらい多くの電化製品を使えるかを表す数値で、停電時に100V対応の電化製品のみ使うことができる特定負荷型は2.45kVAで、停電時に200Vのエアコンや、オール電化製品のエコキュートやIHクッキングヒーターなどの200Vの電化製品を使うことができる全負荷型は4.95kVAです。

 

 

 

 

独自技術ストリングバッテリー

 

その他のファーウェイ蓄電池の特長として、5kWhの蓄電池ユニットをそれぞれ独立に制御する「ストリングバッテリー」と呼ばれる技術があげられます。

 

蓄電池は長く使っていくと充電できる容量少しずつ減って劣化していきます。複数の蓄電ユニットがある場合、その1つだけその劣化が早い場合、その他の蓄電ユニットもそれにあわせて劣化してしまいます。

 

 

これは乾電池と同じで、例えば、乾電池4つで動く電気製品の電池が切れたけど、家にある乾電池が3つしかないとき、その3つだけ交換すると交換しなかった乾電池にあわせて劣化が早くなり、通常よりも早く電池が切れてしまうことと同じです。

 

ファーウェイの蓄電池では、蓄電ユニット1つだけ劣化が早くても、それぞれ独立に制御しているため、影響を受けることがありません。これによって、より長く蓄電池を使うことができるのはもちろん、ライフスタイルの変化にあわせて蓄電ユニットを増設した場合も、もともとあった蓄電ユニットの影響を受けることなく使うことができます。

 

 

 

 

 

HUAWEI(ファーウェイ)の実績

 

ファーウェイは2019年までは産業用の太陽光発電分野で実績をあげていて、2015年から4年連続で産業用パワーコンディショナの出荷量が世界1位です。また、2019年までの累計不具合率が0.5%以下という不具合、故障が少ないことでも有名です。それらの実績から、2021年から住宅用の太陽光発電、家庭用蓄電池分野にも参入して、その家庭用蓄電池が今回紹介した蓄電池になります。

 

 

 

 

 

まとめ

 

ファーウェイの家庭用蓄電池の紹介は以上です。ファーウェイの家庭用蓄電池の特長は、ご自宅の設備状況や、ご家庭のライフスタイルの変化にあわせて蓄電容量や特定負荷・全負荷にシステムを変えられるのが特長です。小さいお子さまがいるご家庭など、今後もっとおうちで電気を使いそうなご家庭は蓄電池選びの1つとして考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

見積受付中!

ユーニヴァース特別価格でお待ちしております。

ぜひお問い合わせください!